まも~れeサイト

「まもーれe」がクーポン制度を開始

終活支援データサービス「まも~れe (マモーレ)」のクーポン制度を開始。

まも~れeサイトでは、士業、葬儀・供養関連業、自分史作成などの相続・終活に関連する方々を「終活のスペシャリスト」として紹介しているのですが、そのスペシャリストに気軽にコンタクトするキッカケを提供すべく、クーポン制度を開始。

まさか!の時に備えた、デジタル情報を引き継ぐために

「残す情報」と「残さない情報」の選択は有事に向けた重要な備え。

本人の意志を身内に伝えるという点で、エンディングノートは大きな意義がありますが、変更・追加が多いデジタル情報には最適とは言えず、デジタル形式のエンディングノートが一つの解決手段。

選択された情報継承と備忘録を具現化するツールが「まもーれe」で、「生きている間は自分の資産を自由に使えるようにしておきたい。但し、有事後にその資産を行方不明にはせず、身内に残したい。」と考える人に有益なツールとなっています。

資産把握は相続時に直面する最初の課題で、資産情報を含めた重要情報は、大切な人に引き継ぐためだけではなく、本人の備忘録としても重要なもの。

有事後に発掘されては困るような情報の対策も講じておく必要があり、まもーれeは、本人以外の身内に必要のない情報を「閲覧させない」/「消去される」という対応ができます。

無駄に波風を立てないことは大事な思い遣り。

ネット取引の増加に伴い、預金通帳のような物証が減少しており、それ故、資産の引き継ぎが難しくなっています。

ネットバンキングはもとより、相続対象となる、証券取引、FX取引や暗号通貨(仮想通貨)も同様に情報継承手段を講じておく必要があります。

Related posts

Latest posts

Leave a Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です